球磨焼酎

風土

  • 自然と人が生み出す奇跡。白岳物語。
  • 朝霧の山里から、焼酎王国へ。

歴史

  • 球磨焼酎が、日本最古の焼酎?
  • 武士に庶民に愛された焼酎。

文化

  • 500年以上の歴史を誇る「球磨焼酎」文化。

ブランド

  • 産地呼称が認められた「球磨焼酎」。
  • 世界の銘酒の一員へ。

球磨焼酎が、日本最古の焼酎?

我が国で焼酎(蒸留酒)がいつごろから飲まれていたのか、文献がほとんど残されておらず、正確なことは残念ながらわかりません。けれども、人吉・球磨地方では、少なくとも戦国時代から焼酎が愛飲されていたと推測されています。
相良氏は当時、東南アジアや大陸と活発に交易をしており、中国や朝鮮半島、あるいは東南アジア、琉球などから蒸留技術が持ち込まれたことが、焼酎造りのきっかけではないかといわれています。この地の温暖な気候が日本酒造りにはあまり適していなかったこともあったのでしょう、焼酎は瞬く間に人吉・球磨の人々の心を魅了していきました。

人吉・球磨地方に隣接する鹿児島県北部、大口市に郡山八幡という神社があります。昭和29年、建物の改修中に、左の写真のような木札が発見されました。(写真:大口市焼酎資料館「木樽」所蔵)
これは、神社の座主がたいへんなケチで、焼酎を一度も振る舞ってくれなかった・・・という不平を宮大工がつづった落書きとされています。
実は、この「落書き」が、現在、我が国に残されている最古の「焼酎」という文字。落書きが書かれた永禄二年(1559年)当時は、相良氏の最盛期で、その領地は現在の県境を越えて、鹿児島県の大口市周辺にまで及んでいました。つまり、戦国時代には、すでに相良氏の領地には焼酎があり、庶民の楽しみとして、広く浸透していたのです。

では、宮大工の作次郎、助太郎が所望した焼酎とは、どんなものだったのでしょう。この落書きだけでは、その原料や味わいをうかがい知ることはできませんが、芋焼酎でなかったことだけは確かなようです。
現在、鹿児島県ではサツマイモを原料とした焼酎造りが盛んです。けれども、この時期、サツマイモはまだ日本に渡来していませんでした。永禄二年当時、相良氏領地として、人吉・球磨との人や物の行き来が盛んだった鹿児島県北部で飲まれていた焼酎は、米、あるいは雑穀を原料とした「人吉・球磨スタイル」のものだった可能性が高いのです。

球磨焼酎が、日本最古の焼酎?

ページのトップへ