球磨焼酎

風土

  • 自然と人が生み出す奇跡。白岳物語。
  • 朝霧の山里から、焼酎王国へ。

歴史

  • 球磨焼酎が、日本最古の焼酎?
  • 武士に庶民に愛された焼酎。

文化

  • 500年以上の歴史を誇る「球磨焼酎」文化。

ブランド

  • 産地呼称が認められた「球磨焼酎」。
  • 世界の銘酒の一員へ。

500年以上の歴史を誇る「球磨焼酎」文化。

人吉・球磨地方では、少なくとも戦国時代から焼酎が愛飲されていたと推測されています。
藩主相良氏は当時、東南アジアや大陸と活発に交易をしており、中国や朝鮮半島、あるいは東南アジア、琉球などから蒸留技術が持ち込まれたことが、焼酎造りのきっかけではないかともいわれています。
また、この地の温暖な気候が日本酒造りにはあまり適していなかったことも球磨焼酎誕生の一因とも推測されています。
このようにして誕生した球磨焼酎は、瞬く間に人吉・球磨の人々の心を魅了していきました。

以来、「球磨焼酎」は戦国時代に大陸から人吉へと伝わった焼酎の製法と、人吉球磨の独自文化が作り出した技を
融合させ、500年以上のあいだ変わらず受け継がれ、由緒と伝統を守っています。

「球磨焼酎」のうまさは、朝霧深い山里を稀に訪れる旅人たちによって幻の酒伝説として全国各地へ広がっていった経緯もあります。それだけ、貴重な猗覿の名酒瓩任△蝓△世らこそ歴史に埋もれずに今日の発展を遂げたのでしょう。

銘柄の味を大きく左右する造り手“杜氏”達は、先人から受け継いだ味を守り、新しいものを模索していくことを朴とつなまでに繰り返しています。
その職人らの一徹な想いによって「球磨焼酎」は、この地域の誇るべき文化として、いまも日々磨かれ続けています。

500年以上の歴史を誇る「球磨焼酎」文化。

ページのトップへ